tr - 文字の変換


tr コマンドで文字の置換を行うことができます。文字列の置換は sed を使いましょう。

% tr a b < [filename]

とすると a を b に置換します。

% tr abc def < [filename]

とすると a を d に、 b を e に、c を f に置換します。

% tr '[a-z]' '[A-z]' < [filename]

のようにすれば小文字を大文字に変換できます。シェルにワイルドカードとして展開されないように ' ' などクォーテーションで挟んでおきましょう。また、 /usr/bin/tr では

% /usr/bin/tr '[:lower:]' '[:upper:]' < [filename]

のようにして小文字を大文字に変換することもできます。/usr/ucb/tr ではできません。 この辺りの特殊な変数は

% man -M /usr/local/gnu/man tr

を参照してください。

% tr -d '\015' < [filename]

のように -d オプションを使用すると指定した文字 (\015 = \r) を削除します。

% tr -c '[a-z]' '\012' < [filename]

のように -c オプションを使用すると指定した文字 ([a-z]) 以外の文字を変換します(\012 = \n)。


xrea