jobs - ジョブの表示


jobs コマンドはその端末で実行されたジョブを表示します。ジョブとは、プロセスと似た概念です。 ジョブとプロセスの違いは

% ypcat passwd | grep s1080134

のようにパイプを使った際に、プロセスという単位では ypcatgrep の2つのプロセスが作成されますが、ジョブという単位では1つとなります。 操作している立場の人からみると、ypcat だけを中止しても意味がありませんので、先ほどのコマンドは1つの単位として見たいわけです。 つまりジョブとはユーザー側からみた単位で、複数のプロセスをグループ化したものです。 対照的に、プロセスはシステム側からみた単位ということになります。

% jobs
[1]  + Running                       mule

このように表示されたなら、ジョブ番号 1 番で mule が動いていることがわかります。 ジョブ番号で kill する際には、

% kill %1

のように % を番号の頭につけて指定します。

% jobs -l

のように -l オプションをつけてやると PID (Process ID) も表示されます。

jobscsh, tcshshell 組み込みコマンドです。 sh, bash 等の場合には、/usr/bin/jobs または /bin/jobs コマンドを使用します。


xrea