ps - プロセスの状態報告


プロセスの状態を報告します。 プロセスとは、「現在メモリに読み込まれ実行されているプログラム」を意味します。 会津大学の /bin/ucb/ps と /bin/ps は書式が全然違います。 どちらを使っているのかは

% which ps

としてしらべてください。

Table of Contents

BSD系ps (/bin/ucb/ps) Edit

まず BSD系ps を説明します。

% ps

とすれば自分が起動したプロセスを見ることができます。 システム全体のプロセスを見るには

% ps ax

とします。 さらに詳細なものをみるには

% ps aux

とします。コマンド名が右端で切れてしまうので、

% ps auxww

とします。

USER       PID %CPU %MEM   SZ  RSS TT       S    START  TIME COMMAND
root      8336  1.2  0.6 3904 3336 pts/3    O 07:34:04  0:00 ps -auxww
・
・

のように表示されると思います。次のような意味です。

USERそのプロセスを起動しているユーザー
PIDプロセス ID
%CPUCPU使用率
%MEMメモリ使用率
SZ仮想メモリ内のプロセスの合計サイズ (ページ単位)
RSS?
TTプロセスを制御している端末
Sプロセスの状態。 O = 「プロセスは、プロセッサ上で実行中」、S =「休止状態」、R =「実行可能状態」、Z =「ゾンビ状態」、T =「ジョブ制御シグナルにより、もしくはトレース状態にあるため、プロセスは停止されている」
START開始時間
TIME累積実行時間
COMMANDコマンド

さらに -c オプションをつければ、 CLS(Scheduling class) と PRI(優先度)も表示されます。

Linux系ps (/bin/ps) Edit

次に Linux系ps を説明します。

% ps

とすれば自分が起動したプロセスを見ることができます。 システム全体のプロセスを見るには

% /bin/ps -e

さらに詳細なものをみるには

% /bin/ps -ef

とします。

     UID   PID  PPID  C    STIME TTY      TIME CMD
s1080134  8509   444  0 07:41:38 pts/3    0:00 more
・
・

のように表示されると思います。次のような意味です。

UIDユーザID
PIDプロセスID
PPID親プロセスID
CProcessor utilization for scheduling
STIME開始時間
TTYプロセスを制御している端末
TIME累積実行時間
CMDコマンド

さらに -c オプションをつければ、 CLS(Scheduling class) と PRI(優先度)も表示されます。


xrea