metasend - バイナリファイルの送信

Top > UNIX > コマンド > メール > metasend

metasend コマンドでバイナリファイルをメールで送信することができます。 例として JPEG ファイルを送信する方法を説明します。

% metasend
To: 

と表示されるので、アドレスを入力します。その他 Subject: 等も通常どおり入力します。

content-type: 

と表示されるので、そのファイルのMIME形式、例えば JPEG ならimage/jpeg と入力します。 MIME 形式の一覧は MIME Type 一覧 のページを見るといいでしょう。

Name of file containing image/jpeg data: 

のように表示されるので、ファイルへのパスを指定します。 その後、

Do you want to encode this data for sending through the mail?
  1 -- No, it is already in 7 bit ASCII
  2 -- Yes, encode in base64 (most efficient)
  3 -- Yes, encode in quoted-printable (less efficient, more readable)
  4 -- Yes, encode it using uuencode (not standard, being phased out)

と表示されるので、most efficient と書いてある 2 を指定しましょう。

添付ファイルは emacs の mh-smail で開いた場合、 マウスの中ボタンクリックで開くことができます。 画像ファイルの場合は、自動的に display が起動すると思います(会津大学の場合)。

また metamail コマンドで添付ファイルを保存することができます。

% metamail ~/Mail/inbox/[No]

のようにして送信されてきたメールファイルを指定します。 送信されてきたメールファイルは、デフォルトなら ~/Mail/inbox にあるはずです。

What do you want to do with the raw data?
1 -- See it as text
2 -- Write it to a file
3 -- Just skip it

のように表示されるので、ファイルに保存するのならば 2 を入力します。 その後、保存先ファイルのパスを指定します。


xrea