crontab - 作業の自動化


crontab で cron の設定を行うことができます。 作業の自動化をすることができます。

UNIXが起動すると/usr/lib/cronというデーモンが自動的に起動します。 これは、1分間に一度自動的に起動し、設定ファイルに指示された時刻になっていれば、 指定されたジョブを実行します。 このクロックデーモンを利用することで作業の自動化をすることが可能です。 設定は crontab コマンドで行います。

例えば、

% echo "0 6,18 * * * [command]" | crontab

のように実行すると、実行したホストで、毎日6,18時に [command] を実行します。 ファイルを作成した場合は

% crontab [filename]

のように指定することもできます。

各フィールドの意味は、左から順に

1. 分 (0〜59)
2. 時 (0〜23)
3. 日 (1〜31)
4. 月 (1〜12)
5. 曜日 (0(日)〜6(土))
6. コマンド

のようになっています。

% crontab -l

と実行すると、実行したホストでの自分の cron の設定をみれます。-u オプションをつけて、 ユーザー名を指定すれば、その人の設定を見れます。 オプション -u を使うのは root 権限のあるユーザーぐらいでしょう。

% crontab -r

とすれば、設定を消せます。これにも -u オプションがあります。

ホストを指定したい場合は rsh と併用します。

% rsh [hostname] "crontab [filename(絶対パス)]"

または

% rsh [hostname] "echo '0 6 * * * [command]' | crontab"

のように実行しましょう。


xrea