tar - アーカイバ


Table of Contents

tar コマンドはアーカイバと呼ばれるもので、複数のファイルを1つにまとめます。 会津大学での /usr/bin/tar よりも /usr/local/bin/tar (GNU tar) のほうが高機能です。 /usr/local/bin/gtar も同様に (GNU tar) です。

生成するファイルの拡張子は .tar にしましょう。

% tar cvf [tar_file] [file ....] 

[file ...] で指定したファイル群を [tar file] で指定したファイルにアーカイブします。

% tar cvf [tar_file] [directory] 

[directory] で指定したディレクトリ以下のファイルを再帰的に [tar_file] にアーカイブします。会津大学の /usr/bin/tar コマンドでは、[directory] の最後に / をつけてしまうとうまく動かないようです。/usr/local/bin/tar を使いましょう。

% tar xvf [tar_file] 

とすると、解凍といいますか、抽出することができます。

% tar xvf [tar_file] -C [directory]

とやると指定先ディレクトリに解凍できます。 これもまた /usr/bin/tar ではうまくいきませんでした。 やはり /usr/local/bin/tar を使いましょう。

% tar tvf [tar_file]

とすると一覧を表示します。

また、GNU tar では

% tar zxvf [.tar.gz]

とすると、.tar.gz なファイルを一度に解凍できます。もちろん c で作成もできます。 これは、gzip コマンドと併用して、

% gzip -dc [.tar.gz] | tar xvf -

のようにすることもできます。- というのは標準入力を引数とするという意味です。 さらに GNU tar では、

% tar jxvf [.tar.bz2]

とすると、.tar.bz2 なファイルを一度に解凍できます。もちろん c で作成もできます。 これは、bzip2 コマンドと併用して、

% bzip2 -dc [.tar.bz2] | tar xvf - 

のようにすることもできます。

このくらいで十分だと思いますが、機能、オプションの一覧を載せておきます。

機能 (必ず1つだけ指定しなければならない) Edit

c作成。
r追加。
u更新。指定したファイルが tar_file よりも新しい場合、更新します。tar_file にない場合は r と同様になります。
tリスト表示。ファイルを指定すると tar_file にそのファイルがあるかどうかを調べます。指定しない場合は、tar_file 中のすべてのリストを表示します。
x抽出。ファイルを指定すると tar_file からそのファイルを抽出します。'*.txt' のようにワイルドカードを使用することもできます。指定しない場合はすべてのファイルを抽出します。

オプション Edit

f.tar ファイルを指定します。つまり毎回指定する必要があります。f を使用しない場合は テープドライブが指定されます。
v冗長出力。処理したファイルの一覧を作業中に表示します。t 機能とともに使用すると、tar_file に格納されているファイルの詳しい情報も提供します。表示は ls(1) コマンドの -l オプションによる出力形式に似ています。
hそのファイルがシンボリックリンクの場合、そのファイルが指し示す実体ファイルを扱います。通常、tarシンボリックリンクをたどりません。
w処理の指示。とるべき処理とファイル名を出力し、ユーザーの確認を待ちます。応答が肯定である場合、この動作が実行されます。そうでない場合には処理は行われません。例えば、x 機能(抽出)と共に使えば、取り出したいファイルだけを取り出せるようになります。この機能修飾子は、t 機能と同時には使えません。
Ctar ファイルを展開するディレクトリを指定します。
Zcompress で圧縮・伸長する。.tar.Z なファイルを一度に展開することができます。
zgzip で圧縮・伸長する。.tar.gz (or .tgz) なファイルを一度に展開することができます。サポートしているのは GNU tar だけです。(gzip -dc [.tar.gz] | tar xvf - でも可)
jbzip2 で圧縮・伸長する。.tar.bz2 ファイルを一度に展開することができます。サポートしているのは GNU tar だけです。(bzip2 -dc [.tar.bz2] | tar xvf - でも可)

xrea