import - スクリーンキャプチャ

Top > UNIX > コマンド > 画像 > import

import でスクリーンをキャプチャすることができます。 ImageMagick というユーティリティ群のうちの1つのコマンドです。 Windows 用のものも存在します。(ImageMagick.org)

保存できる形式については,% man ImageMagick で調べることができます。

% import [filename]

実行後、マウスでキャプチャしたいウィンドウを左クリックすると、 デフォルトでは magick.miff というファイルに保存されます。 [filename] にファイル名を指定した場合は、基本的には拡張子から判断した 画像形式で保存します。 ルートウィンドウをクリックすれば、画面全体を、 また、ドラッグにより範囲を指定することもできます。

% import -window [window_id] [filename]

指定したウィンドウ ID のウィンドウを、クリックするまでもなく、 キャプチャできます。 ウィンドウ ID は xwininfo で調べます。

% import -window root [filename]

[window_id] を root と指定すると、ルートウィンドウ(画面全体)を保存できます。

% import -frame [filename]

ウィンドウを保存する際に、フレーム(枠)もつけて保存します。 同時に -window オプションももちろん使えます。

% import -window root -display [hostname]:[display#] [filename]

のようにして X サーバーを指定することもできます。 ( -display オプションは X client ならば 大抵利用可能です。)


xrea