xsetroot - ルートウィンドウ設定

Top > UNIX > コマンド > X > xsetroot

Table of Contents

背景の色やマウスカーソルの形を変えることができます。

背景 Edit

背景色を変える場合は、

% xsetroot -solid [color] & 

のようにします。利用できる色は

/usr/local/X11R6.4/lib/X11/rgb.txt

を参照してください。 [#rrggbb] のような 色の 16 進表記による指定もできます。 また、

% xsetroot -bitmap [xbm_file]

のようにして xbm 形式の画像ファイルを背景に指定することもできます。 他の形式の画像を指定する場合は xvdisplay を使用しましょう。

xbm 形式のファイルは

% bitmap &

で作成します。 または、convert コマンドを用いて変換します。

/usr/include/X11/bitmaps/

にある程度おいてあります。 ファイルを見るとわかると思いますが、構造体が記述された C 言語ファイルです。

マウスカーソル Edit

マウスカーソルを変える場合は、

% xsetroot -cursor_name [cursor_name]

のようにします。 [cursor_name] は

/usr/local/X11R6.4/include/X11/cursorfont.h

を参照してください。例えば

#define XC_arrow 2

と書いてあれば

% xsetroot -cursor_name arrow

といったかんじです。

% xfd -fn cursor &

も役に立つかもしれません。

また、

% xsetroot -cursor [cursorfile] [maskfile]

のようにしても変更可能です。 [cursorfile]、[maskfile] には xbm 形式の画像ファイルを指定します。 通常 16x16 のサイズだと思います。

% bitmap -size 16x16 &

[maskfile] とはなにかをここで説明するのはつらいので、 とりあえず [cursorfile] と同じファイルを指定するといいと思います。


xrea