UNIX/周辺機器/キーボード

Top > UNIX > 周辺機器 > キーボード

たまにキーボードの入力がおかしくなることがあります。 その場合の対処法を説明します。

まずは C-s を入力してしまい、端末上になにも出力がされないという場合があります。 C-q で元に戻ります。キーボードのトラブルとは呼べませんが、一応。

おかしな文字が出力されてしまったりする場合は、kbd_reset を使います。 他のホストから

% rlogin [hostname]

のようにおかしくなったホストにリモートログインし、

% kbd_reset

と実行します。

それでも直らなかったら、一度 keyboard とコンピュータ本体の接続を 取り外し、再接続すると直る場合があります。 しかし、これはあまりやらないほうがいいでしょう。 会津大学のキーボードの接続インタフェースは USB なわけですが、 USB には接点寿命というのがありまして、何度も抜き差ししていると 使えなくなってしまうことがあります。 大抵30万回とか大きい数ですが。

それでもだめなら std-help です。 reboot でもしてもらいましょう。


xrea