mutt - CUIメールクライアント


作者Michael R. Elkins and Jeremy Blosser
ダウンロードftp://ftp.mutt.org/mutt/devel/mutt-1.5.11.tar.gz
関連サイトhttp://www.mutt.org/
http://www.emaillab.org/mutt/index.html
バージョン1.5.11
学内パス/home/student/s1090142/pub/bin/mutt
学内管理者s1090142
Table of Contents

解説 Edit

Muttは小さいけれどパワフルなテキストベースの MIMEメールクライアントです。Muttは多くのことが設定可能でキーバインディング、キーボードマクロ、メールスレッド、正規表現による検索、メッセージを選択する強力なパターンマッチング言語などの高度な機能を持つ、メールのパワーユーザーに最適なプログラムです。

% mutt

使い方 Edit

メールを読む Edit

muttを起動するとメール表題の一覧が表示される。j, kキーでカーソルを移動し、スペースキーでメール本文を表示します。メール本文が長く表示仕切れない場合はJ, Kでバッファをスクロールします。メール本文を閉じる場合はqを押します。

キー意味
jメール表題一覧でカーソルを下に移動する
kメール表題一覧でカーソルを上に移動する
スペースメール表題一覧でカーソル上のメール本文を表示する
<Shift>jメール本文を下にスクロールする
<Shift>kメール本文を上にスクロールする

ちなみにmuttはローカルのメールボックスからメールを読み出すので、新着メールを読む場合には、muttの起動前にincコマンドを入力してください。

% inc

メールを書く Edit

muttを起動しmキーを押します。送信先アドレス、表題の入力を求められ、それらを正しく入力するとエディタが起動し、メール本文を記述することが出来ます。

キー意味
m新規メールの作成を開始する

本文を記述し、保存するとmuttの画面に戻り、送信するメールの概要が表示されます。

tキーを押すと"To:"ヘッダ(送信先アドレス)を変更出来ます。cキーを押すと"CC:"ヘッダを記述することが出来ます。bキーを押すと"BCC:"ヘッダを記述することが出来ます。sキーを押すと"Subject:"ヘッダ(表題)を変更することが出来ます。rキーを押すと"Reply-To:"ヘッダを変更することが出来ます。
eキーを押すと、メール本文の編集画面に戻ります。新規作成時と同様に修正し、保存すると前の画面に戻ります。 リターンキーを押すと記述した本文を表示します。本文の記述を確認したら、qキーで前の画面に戻ります。

キー意味
t"To:"ヘッダを変更する
c"Cc:"ヘッダを変更する
b"Bcc:"ヘッダを変更する
s"Subject:"ヘッダを変更する
r"Replay-To:"ヘッダを変更する
eメール本文の修正画面に戻る
リターンメール本文を表示する
前の画面に戻る場合はqキーを押す

aキーを押すと添付ファイルの指定出来ます。ファイルパスを直接記述する場合は入力プロンプトで適当なキーを押します。ファイルブラウザからファイルを選択する場合は?キーを押します。ファイルブラウザでファイルの添付をやめたい場合はqキーを押します。

キー意味
a添付ファイルを追加する
ファイルブラウザを起動する場合は更に?キーを押す

添付ファイルを指定した状態でj,kキーを押すとメールのエントリのカーソルを移動することが出来ます。添付ファイルを削除する場合は、削除するエントリ(添付ファイル)にカーソルを当て、Dキーを押します。

キー意味
jメールのエントリのカーソルを下に移動する
kメールのエントリのカーソルを上に移動する
<Shift>dカーソル上のメールエントリを削除する

メールヘッダ、添付ファイル等、全ての準備が整ったら、メールの概要を表示している画面でyキーでメールを送信します。

キー意味
yメールを送信する

メールに返信する Edit

表題一覧の画面で返信するメールにカーソルを移動し、rキーを押します。送信先アドレスにカーソル上のメールの送信元のアドレスが入力された状態で、新規メールと同様の操作となります。

キー意味
rカーソル上のメールに返信する

メールを転送する Edit

表題一覧の画面で返信するメールにカーソルを移動し、fキーを押します。新規メールと同様の状態になります。メール本文に転送するメールが引用された状態で、新規メールと同様の操作となります。

キー意味
fカーソル上のメールを転送する

ヘルプを表示する Edit

如何なる画面でも?キーがヘルプ表示となります。

キー意味
?ヘルプを表示する

.muttrc Edit

サンプルです。

# 名前, アドレス
set realname="Your Name"
set from="Your E-Mail Address"

# メールエディタ指定
set editor="vim %s"

# メールボックス
set spoolfile="$HOME/Mail/inbox"
set folder="$HOME/Mail"
set mbox="+inbox"
set record="+sent"
set postponed="+postponed"

# シグネチャ
set signature=.signature

# システムのエンコードと送信テキストのエンコード
set charset=euc-jp
set send_charset=us-ascii:iso-2022-jp

# 日本語パッチ拡張のエンコード指定
set assumed_charset="iso-2022-jp:euc-jp:shift_jis:utf-8"
set file_charset="iso-2022-jp:euc-jp:shift_jis:utf-8"

set thorough_search=yes
set sanitize_ja_chars=yes

# 一覧表示時のフォーマット
set pager_index_lines=8
set tilde=yes

# メールヘッダの表示の有無
unignore Date:
ignore X
ignore List-

# 以下はカラーリング
# 賛否があると思うので好みに応じて記述すること
#

# pager
color header yellow black ^(From|Subject)
color quoted cyan black
color signature red black
color attachment blue black
color body magenta black "(ftp|http)://[^ ]+" # point out URLs
color body magenta black [-a-z_0-9.]+@[-a-z_0-9.]+  # e-mail addresses
color search black yellow  # how to hilite search patterns in the pager

# index screen
color index white black .*
color tree cyan black   # the thread tree in the index menu
color indicator black brightcyan

# symbols
color markers blue black
color tilde blue black

# menu,message
color status yellow blue
color message cyan black
color error brightred black

インストールメモ Edit

会津大学のワークステーションで野良ビルドをした時のインストールメモです。参考にする場合は、バージョン、パス、環境等を考慮し、適当に読み替えてください。

ダウンロード Edit

日本語対応、学内ビルドを実現するため以下のアーカイブをダウンロード

下二つのautomakeはバージョン固定です。最新のautomakeではビルド出来ないので、それらは新しいバージョンがインストールされている場合も、ダウンロードして下さい。

インストール Edit

automake Edit

autoconfは二つのバージョンを必要とします。どちらか一方では動作しないので、面倒ですが両方ともインストールしてください。また、随分古いバージョンを要求するので、muttのビルドの時のみインストールし、すぐに削除することになると思います。

$HOME/src以下にアーカイブを展開し、$HOME/tmp以下にインストールします。

% mkdir ~/src
% mkdir ~/tmp
% cd src
% tar -xzf ~/automake-1.4-p6.tar.gz
% tar -xzf ~/automake-1.7.9.tar.gz
% cd automake-1.4-p6
% ./configure --prefix=$HOME/tmp
% make
% make install
% ../
% cd automake-1.7.9
% ./configure --prefix=$HOME/tmp
% make
% make install

日本語パッチ Edit

mutt本体、日本語パッチを$HOME/src以下にアーカイブを展開し、パッチを当ます。

% cd src
% tar -xzf ~/mutt-1.5.4i.tar.gz
% tar -xzf ~/mutt-1.5.4i-ja.1.tar.gz
% cd mutt-1.5.4
% patch -p1 < ../mutt-1.5.4i-ja.1/patch-1.5.4.tt.ja.1

日本語パッチのアーカイブはドキュメント等も合わせて含まれているので、目を通すことをお勧めします。

mutt本体 Edit

mutt本体をビルドします。

muttのビルドの前にインストールしたautomake-1.4, automake-1.7にパスを通します。.cshrcに以下の記述を追加します。"$HOME/tmp"を先に記述します。そうでなければインストールした意味がありません。

setenv PATH $HOME/tmp/bin:$PATH

.cshrcを保存したら、新しくターミナル(kterm等)を起動し、そのターミナルでインストールの続きを進めます。

mutt本体のインストールディレクトリは$HOME/pub以下として記述します。

% mkdir ~/pub
% cd src/mutt-1.5.4
% ./configure --prefix=$HOME/pub
% make

とすると、適当にビルドが進んだあたりで以下の様なエラーが大量に発生します。

.../src/mutt-1.5.4/pager.c:1729: undefined reference to `w32attrset'

muttのコンパイルオプション"-lncurses"がNGらしいので"-lcurses"に書き換えます。検索するとすぐに見つかるとは思いますが、"src/mutt-1.5.4/Makefile"の91行目にあります。

[修正前]
MUTTLIBS =  -lncurses

[修正後]
MUTTLIBS =  -lcurses

これでビルドを再開すると、今度は正しくビルドが終了します。

% make
% make install

インストールは以上です。

最後にテンポラリにインストールしたautoconfは必要ないので削除します。

% rm -rf ~/tmp

xrea