.mh_profile - MHメールの設定


.mh_profile は MH メールの設定ファイルです。 詳しくは man mh-profile を参照してください。 ホームディレクトリ直下にあります。 ls -a で確認してください。 コメントアウトは # でできます。なお空行があるとエラーになります。

Table of Contents

Path (メール関連ファイル保存ディレクトリ) Edit

メールに関するファイルを保存するディレクトリを指定します。

Path: Mail

なら ~/Mail ディレクトリ以下となります。 メール自体、.mh_profile 以外の MH 設定ファイルなどです。

Msg-Protect (メールのデフォルトパーミッション) Edit

メールのデフォルトパーミッションを設定します。

Msg-Protect: 600

ならば 600 (-rw-------) になります。

Folder-Protect (メールフォルダのデフォルトパーミッション) Edit

メールフォルダ(ディレクトリ)のデフォルトパーミッションを設定します。

Folder-Protect: 700

ならば 700 (drwx------) になります。

Draft-Folder (draft メールの保存フォルダ) Edit

書きかけのメールを保存するフォルダを指定します。

Draft-Folder: drafts

ならば ~/Mail/drafts に格納します。

display-coding, file-coding, process-coding (文字コードの設定) Edit

この辺りは文字コードの設定です。

  • display-coding
    画面出力の文字コードを設定します。
    display-coding: ja_JP.jis
    ならば JIS に設定します。 環境変数 MH_FILE_CODING、LC_CTYPE、LANG で設定することもできるようです。
  • file-coding
    ファイル入出力の文字コードを設定します。
    file-coding: ja_JP.jis
    ならば JIS に設定します。 環境変数 MH_DISPLAY_CODING、LC_CTYPE、LANG で設定することもできるようです。
  • process-coding
    プロセス出力の文字コードを設定します。
    process-coding: ja_JP.jis [#x0763e9e]
    ならば JIS に設定します。 環境変数 MH_PROCESS_CODING、LC_CTYPE、LANG で設定することもできるようです。

Signature (自分の名前の設定) Edit

Signature: name

のように書いておくと、メールヘッダの From 部分が

From: name <mail address>

のようになります。メール末尾に追加するシグネチャとは違いますので注意。 これがない場合は /etc/passwd ファイルの GCOS フィールド (会津大学では名前が書いてある)が使われます。

AliasFile (メールアドレス別名定義ファイルの指定) Edit

AliasFile: .mh_aliases

メールアドレスへの別名定義用のファイルを指定しておきます。 ファイル名はなんでもいいです。 今回の場合は ~/Mail/.mh_aliases になります。

多数のメールアドレスに1つの別名を定義することもできるので、 メールの一括送信も可能になります。例えば

aho: s1080134@u-aizu.ac.jp

のように書けば、メールを送るときに

To: aho

とするだけで

To: s1080134@u-aizu.ac.jp

のように変換されてから送られます。 変換されてからなので、どのような別名を定義しているかは相手にはわかりません ので安心して、おかしな略称をつけましょう。(え
一括送信をしたい場合は、例えば、

dantai: xxx@docomo.ne.jp, xxx@ezweb.ne.jp, xxx ....

のように書けば

To: dantai

で一度に送れます。To に書くと全員に全員のアドレスが行き渡ってしまうので、

Bcc: dantai

のように Bcc で送るのがマナーです。 emacs -e mh-smail で送る場合はヘッダ部分に直接、 Bcc: と書いてやればいいです。 From: なども直接書いてやれば自分で指定することもできます。 実際、From: だけ書き換えても他にもヘッダ情報はあるので、 送信元を誤魔化すことはできません。 すべて書き換えてやればとりあえずは可能です。というかそんなことはしないように。

また、aliasalias を重ねる場合は

dantai: dantai1, dantai2, dantai3
dantai1: ....
dantai2: ....
dantai3: ....

のように記述します。 これらの alias 情報は

% ali

というコマンドで確認することもできます。展開されて表示されます。

% ali [alias name]

のように使用することもできます。

mnews を使用している人は、.mnews_setup ファイルに

mh_alias_mode:  on

を追加しておけば .mh_profile を参照し、今回の場合は Mail/.mh_aliases を参照 するようになります。

send, show, next, prev, comp (これらのコマンドの設定) Edit

send: -alias .mh_aliases
show:
next:
prev:
comp:

等の MH 用コマンドのオプションを指定することができます。

send: -alias .mh_aliases

は send コマンドメールを送るときのエイリアスファイルの指定です。 あとはそれぞれのコマンド、またそれのオプションを各自調べてください。

会津大学ローカル Edit

会津大学標準設定ファイルは /home/student/stdskel/.mh_profile にあります。

stdskel/.mh_profile でアクセスするといいでしょう。 編集した結果不具合が生じるようであれば、一旦戻してください。 ちなみに 2003年現在、以下のようになっています。

Path: Mail
Msg-Protect: 600
Folder-Protect: 700
Draft-Folder: drafts
display-coding: ja_JP.jis
file-coding: ja_JP.jis
process-coding: ja_JP.jis
xrea