.signature - mail署名の設定


電子メールを送る時に、自分の所属や名前を入れた「サイン」を 本文の末尾に表示させたりしますが、毎回入力するのでは大変です。 そこで、自分のシグニチャ(サイン)を作成し、.signature というファイル名でホームディレクトリに保存しておくことで、 必要な時に簡単に利用することができます。 多くのメールソフトはこれに対応しています。

mnews を使っている場合は、投稿する前に signature を使うかどうか聞いてきます。 設定によっては、自動で付加することもできます。詳しくは .mnews_setup 参照

emacs で mh-e (mh-smailとか*1)を使用している人は C-c C-sで付け足せます。



*1 実は emacs 自体の機能ではなくて emacs 組み込みソフトウェアです。
xrea