Backup source of UNIX/コマンド/ユーティリティ/date(No. 1)

#navi(UNIX/コマンド)
#contents

date コマンドで日付と時刻の出力と設定を行うことができます。

引数なしで実行すると、現在の時刻を表示します。
 % date
 Sun Oct 6 10:38:28 JST 2002
オプション -u を指定すると、世界標準時で表示します。
 % date -u
 Sun Oct 6 01:38:58 GMT 2002
「+」のあとに文字列を指定すると、任意のフォーマットで表示できます。
 % date "+%Y/%m/%d%n%H:%M:%S"
 2002/10/06
 06:50:06
書式は次の通りです。
|%y  |年 (2桁表示)|
|%Y  |年 (4桁表示)|
|%m  |月 (2桁表示)|
|%d  |日 (2桁表示)|
|%h  |月 (英語表示 Jan,Feb...)|
|%H  |時|
|%M  |分|
|%S |秒|
|%n  |改行|
|%t |タブ|
|%%  |「%」自体|
date コマンドを使って現在時刻を設定することもできます。
もちろん root 権限でなければできません。
 % date 9904300215
現在時刻を1999年4月30日02時15分に設定します。
 % date 1612
現在時刻を16時12分に設定します。日付は変わりません。

正確な時刻を設定するにはネットワークを通して NTP サーバーに接続する
ntpdate を使用したほうがいいです。
RIGHT:written by s1080134
#navi(UNIX/コマンド)
----
#vote2(役に立った[1],まあまあ[0],役に立たなかった[0],notimestamp)
役に立たなかった場合コメントをお願いします。
#areaedit
#comment(below)
#areaedit(end)
xrea