Diff of UNIX/コマンド/クライアント/telnet


TITLE:telnet - リモートログイン
#navi(UNIX/コマンド)
#contentsx

telnet コマンドで TELNET プロトコルを用いて遠隔ログインを行うことができます。
ます、
 % telnet [remote_host]
のようにして [remote_host] に telnetd サーバーを指定します。
 Trying [IP address]...
 Connected to [remote_host].
 Escape character is '^]'. (Ctrl-] を押すと telnet のプロンプトに移行する)
 [message]
 login:  (ログイン名を入力)
 Password:  (パスワードを入力)
login: , Password: でそれぞれログイン名、パスワードを入力します。

接続を切るには
 % exit
と入力してシェルを終了します。

GUI のツールの起動は学内演習室間通信の場合、 rlogin と同様に
 % setenv DISPLAY [localhost_name]:0.0
のようにすれば起動できるようになります。

*ポート指定 [#c9ed8ef0]

また、telnet コマンドではポート番号を指定してログインすることもできます。
 % telnet [hostname] 80
とすると [hostname] の 80 番ポート (普通なら HTTP サーバー) に接続できます。
 % telnet [hostname] http
のようにしても 80 番ポートに接続できます。
その後、http のメソッドを送信することができます。
例えば http のメソッドには GET や HEAD、POST などがあります。
HEAD はヘッダ情報だけが欲しいときに使います。
GET はファイルをヘッダも含めて取得します。
POST は CGI にデータを渡すときなどに使うやつです。
例えば、
 % telnet www.u-aizu.ac.jp http
と接続して
 % HEAD /~s1080134/ HTTP/1.0
のように入力すると http://www.u-aizu.ac.jp/~s1080134/ のヘッダ情報を取得できます。
リターンを2回おすと、レスポンスが返ってくるとおもいます。
 Server: XXXXXXX
 Date: Fri, 13 Jun 2003 09:15:24 GMT
 Content-Type: text/html
 Content-Length: 6125
 Last-Modified: Fri, 30 May 2003 09:01:31 GMT
1 回リターンを押しただけの場合、続けて環境変数を設定することができます。
 GET /~s1080134/test.cgi HTTP/1.1
 User-Agent: Telnet
 Host: test.jp 
これで CGI に環境変数を渡して、GET することができます。
(会津大学では CGI は動作しませんので、もちろんこの例に効果はありません。)
GET してももちろん HTML ソースそのものが出力されるだけです。
HTTP/1.1 とか HTTP/1.0 というのは HTTP のバージョンです。

[[telnet でブラウズ>http://ash.jp/net/telnet_http.htm]]
のページも役に立つでしょう。

smtp のメソッドなどを知っていればまた
 % telnet [remote_host] smtp
のようにして接続し、メールを送ってしまったりもできます。
その他いろいろとできます。

#navi(UNIX/コマンド,,footer,footer)
#navi(UNIX/コマンド,,footer)
xrea