過去物/UNIX/周辺機器/カメラ

Top > 過去物 > UNIX > 周辺機器 > カメラ
#navi(UNIX/周辺機器): Not a child page like: UNIX/周辺機器/カメラ
Table of Contents

SGI (演習室5、6)ではカメラを使用することができます。 また、マイクを使用することもできます。現在は知りません。

カメラ自身の機能は以下の写真のようになっています。

camera.jpg
% mediarecorder &

というツールを使います。 左下にあるアイコンで、左から「動画」,「音声」,「静止画」のようになっています。 以下、英語メニューで説明します。 日本語メニューで表示されて、説明がわかりにくいかたは、

% unsetenv LANG

と実行しておいてください(csh, tcsh の場合)。 日本語メニューになっている場合保存ファイル名も、日本語になってしまいます。

動画ファイル Edit

動画ファイルの作り方です。かなり時間がかかります。
「動画アイコン」→ 「Movie from Connected Source」→「System Camera」 と辿っておき、「録画ボタン●」を押し、その後「停止ボタン■」を押せば カメラからの映像を .mov な動画として保存できます。 カメラのシャッターを押すとエラーが出てしまいました。
ついでに「動画アイコン」→ 「Movie from Screen using Software」 のほうではスクリーンをキャプチャできます。 「Select Area」のほうでは、録画する範囲をマウスのドラッグで指定し 「録画ボタン●」を押し、その後「停止ボタン■」を押せば .mov な動画としてスクリーンキャプチャできます。 「Window Area」の場合はウィンドウをクリックして選択します。

音声ファイル Edit

音声ファイルの作り方です。
「音声アイコン」→ 「Audio from Camera Mic」と辿っておき、 「録画ボタン●」を押し、その後「停止ボタン■」を押せば カメラのマイクからの音を.aiff な音声ファイルとして保存できます。 再生して確認する際には、mediarecorder 右下の音量アイコンで、 音量を設定しましょう。 ファイル形式は 「Tasks」→「Audio」→「Custom settings」からある程度選べますが、 sox というコマンドを使って変換するのもいいでしょう。

静止画ファイル Edit

静止画ファイルの作り方です。 「静止画アイコン」→ 「Image from Connected Source」→「System Camera」 と辿っておき、「録画ボタン●」を押すか、カメラのシャッターボタンを押せ ば、 カメラからの映像を .rgb な静止画として保存できます。
ついでに「静止画アイコン」→「Image from Screen」のほうでは、 スクリーンキャプチャをすることができます。
ファイル形式は 「Tasks」→「Image」→「Custom settings」からある程度選べますが、 convert というコマンドを使って変換するのもいいでしょう。

#navi(UNIX/周辺機器): Not a child page like: UNIX/周辺機器/カメラ
xrea