ncftp - 高機能 ftpクライアント


Table of Contents

ftp コマンドよりも高機能な ftp クライアントです。ニックエフティーピーと読むようです。 ftp では使えなかった tab キーによる補完機能(ファイル名を補ったり)が使えたり, ディレクトリを再起的に put したり get したりできます。

まず ftp サーバーに接続するには

% ncftp [hostname]

のようにします。anonymous で [hostname]の部分で指定したホストに接続します。また、

% ncftp ftp://[hostname]/[dir]

のように直接ディレクトリを指定してやることもできます。この場合は、必ず ftp:// をつけなければなりません。anonymous ではなく、ユーザー名を指定してやるには

% ncftp -u [username] [hostname]

のように -u オプションを付けます。すると、パスワードをきいてくるので入力してください。また、コマンドラインでパスワードも同時に指定できます。

% ncftp -u [username] -p [password] [hostname]

ただしパスワードが丸見えになるのであまり使うことはないのではないでしょう。 コマンドラインにホスト名を指定しないで、

% ncftp

とだけした場合は、

% open -u [hostname]

として、ユーザー名、パスワードを入れるか

% open -u [username] [hostname]

として、その後パスワードを入れるかします。これも -p オプションでパスワードを指定することができます。また ncftp には bookamrk 機能があり、bookmark にユーザー名、ホスト名等を記録しておくと、

% open

とした後、 bookmark からホスト名を選べます。bookmark は終了時(bye または quit) に保存するかどうかをきいてきます。

ncftp コマンド一覧(よく使うもの) Edit

putファイル(ワイルドカード使用可)をローカルマシンからリモートマシンに転送。上書きの確認がうるさいときは-f オプションを使います。 サブディレクトリも再帰的に送信したい時は -R オプションを使います。
mputファイル(ワイルドカード使用可)をローカルマシンからリモートマシンに転送。put で事足りる。
getファイル(ワイルドカード使用可)をリモートマシンからローカルマシンに転送。上書きの確認がうるさいときは-f オプションを使います。 サブディレクトリも再帰的に受信したい時は -R オプションを使います。
mgetファイル(ワイルドカード使用可)をリモートマシンからローカルマシンに転送。get で事足りる
deleteファイルを一個削除
rmファイルを削除。サブディレクトリも再帰的に削除したい時は -r オプションを使います。
lrmファイルを削除。サブディレクトリも再帰的に削除したい時は -r オプションを使います。
cdカレントディレクトリを変更
lcdlocal ホストのカレントディレクトリを変更
pwdカレントディレクトリを表示
lpwdlocal ホストのカレントディレクトリを表示
mkdirディレクトリを新規作成
lmkdirlocal ホストのディレクトリを新規作成
rmdirディレクトリを削除
lrmdirlocal ホストのディレクトリを削除
lsカレントディレクトリ直下のファイルとディレクトリを表示
llslocal ホストのカレントディレクトリ直下のファイルとディレクトリを表示
renameファイルやディレクトリの名前の変更。mv のように移動はできない。
lrenamelocal ホストのファイルやディレクトリの名前の変更
ascii転送モードをASCIIモードに
binary転送モードをbinaryモードに
passiveパッシブモードに切り替え
?コマンド一覧を表示
open接続を開始する
close接続を閉じる
![command]local ホストでのコマンドの実行。!ls や !mkdir
byeまたはquitまたはexit終了

xrea