df - ディスク使用状況の表示


df コマンドは、マウントされているもしくはマウントされてい な
いファイルシステムが使用しているディスク容量を表示します。さ
らに、使用中の容量、使用可能な容量、ファイルシステムの全容量
のうちどの程度が使用されたかを表示します。

だそうです。 デバイス名、全容量、使用容量、残り容量、使用割合、マウント先の順に表示されます。

% df
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/dsk/c0t0d0s0      3098743   1781643   1255126  59% /
swap                   1393536         8   1393528   1% /var/run
swap                   1394168       640   1393528   1% /tmp
/dev/dsk/c0t0d0s4      1017831    400786    555976  42% /work
/dev/dsk/c0t0d0s5      8260757   7639356    538794  94% /usr/local
/dev/dsk/c0t0d0s6      4130982    400572   3689101  10% /var/spool
/dev/dsk/c0t0d0s3      1017831    400854    555908  42% /var/tmp
stdfsv1:/home7        10237104   8237836   1896897  82% /a/stdfsv1/home7
pubfsv1:/RAID/circle  17552410   7432792   9944094  43% /a/pubfsv1/RAID/circle

ちなみに Filesystem(デバイス名) のところで

stdfsv1:/home7

となっていますが、これにより NFS サーバのハードディスクを利用していることと、そのサーバの名称がわかります。そしてマウント先が

/a/stdfsv1/home7

なので、そのパスでアクセスできるということがわかります。


xrea