ypcat - NIS データの取得


ypcat コマンドNIS (Network Information Service) データを得ることができます。

% ypcat [mapname]

のように使用します。 [mapname] は

% man ypfiles

で調べてください。また、

/var/yp/nicknames

ファイルにマップへのニックネームが記述されています。 例えば、会津大学では、

% ypcat passwd

% ypcat passwd.byname

は同等です。

passwd では ユーザー名、ユーザー ID, グループ ID, GECOS フィールド(会津大学では名前が書かれる)、ホームディレクトリ、ログインシェルなどの情報がみれます。
hosts では host 名やそのホストの IP アドレスなどが見れます。
group では どんなグループにどのユーザーが属しているかが見れます。
aliases ではどのようなメールアドレスが略されているかがわかります(会津大学ではすべて xxxx@u-aizu.ac.jpに略されます) 。

% ypcat passwd | grep [ユーザー名] 

などのようにすれば、名前を調べたりできると思います。

% ypcat passwd | grep professor | grep [name] 

のようにすれば、教授のメールアドレスを調べる際に便利です。 [name] のところにはその教授の名前を適当に入れてください。 名前の最初は大文字なので気を付けてください。文字列の最初の区画がメールアドレスになります。


xrea