.forward - メール転送の設定


メール自動転送の設定です。ホームディレクトリに .forward というファイルを作成します。

% touch ~/.forward

他の人にみられないようにパーミッションを変更しましょう。

% chmod 600 ~/.forward

さて、書き方ですが、先頭に

hoge@hoge.com

のように書いておけば、hoge@hoge.com に転送します。 これだとメールが転送されて、元メールがなくなってしまうので、メールを残しておきたい場合は、

\sXXXXXXX@u-aizu.ac.jp
hoge@hoge.com

のように転送元のアドレスも書いておきます。 先頭の「\」は、転送先の展開を抑制を意味します。もし、

sXXXXXXX@u-aizu.ac.jp

のように書いてしまうと、sXXXXXXX@u-aizu.ac.jp に届いたメールsXXXXXXX@u-aizu.ac.jp 自身に再度送られた際、再び .forward が参照されて sXXXXXXX@u-aizu.ac.jp に配送されてしまいます。つまり無限ループになってしまいます(という話ですが、実際 \ を書かずに試してみたところ、問題ありませんでした。 大学のサーバー側でなにかやってくれているのでしょうか?まぁ \ をつけておきましょう。)

また、メールが届いた時に自動的にプログラムを実行させることもできます。 一般的には procmail というメール振り分けプログラムを起動させたりします。 procmail を詳しく知りたい方は、 .procmailrc へ。 具体的には

"|exec [command]"

のように書いておきます。 mail-forward (istc) のページもみておいてください。


xrea