Backup source of UNIX/コマンド/X/xset(No. 1)

#navi(UNIX/コマンド)
#contents

X Window System の各種設定を行います。
マウスポインタの速さやビープ音の設定などをすることができます。
 % xset q
で現在の設定を表示します。
 % xset m [num1] [num2]
でしきい値 [num2] 以上にマウスポインタを動かすと、マウスポインタの動きが [num1] 倍になります。
 % xset +fp [dir]
で X 用のフォントを追加します。+ を消せば設定、 - で消去になります。
 % xset r [on/off]
で、キーボードのオートリピート機能((キーを押っぱなしにしたときにキャラクタがたてつづけに入力される機能))のon , off を切り替えられます。
 % xset r rate [delay] [rate]
のようにすることで、オートリピートが始まるまでの待ち時間(delay)とリピート時間間隔(rate)を設定できます。単位はミリ秒になります。
 % xset b [on/off]
で[[ビープ音>http://yougo.ascii24.com/gh/15/001552.html]]の on , off を切り替えられます。
また、
 % xset b [volume [pitch [duration] ] ]
のように、ビープ音の設定ができます。
volume は数字が大きいほど音が大きく、pitch は数字が大きいほど音が高く、 duration は数字が大きいほど音が長くなります。詳しく説明すると少し意味合いは違うのですがそんな感じです。
RIGHT:参考:[[Manpage of XSET>http://xjman.dsl.gr.jp/man/man1/xset.1x.html]]&br;
written by s1080134
#navi(UNIX/コマンド)
----
#vote2(役に立った[2],まあまあ[0],役に立たなかった[1],notimestamp)
役に立たなかった場合コメントをお願いします。
#areaedit
#comment(below)
#areaedit(end)
xrea