Backup diff of UNIX/学生ツール/サーバ/Tomcat vs current(No. 1)


  • The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
#navi(UNIX/コマンド)
TITLE:Tomcat - Apache Tomcat
#navi(UNIX/学生ツール)

* Apache Tomcat [#of1e45c6]

|~作者|Apache Project(元 Jakarta Project)|
|~ダウンロード|http://tomcat.apache.org/download-55.cgi|
|~関連サイト|http://tomcat.apache.org/|
|~学内パス|/usr/local/java/netbeans-4.0/nb4.0/jakarta-tomcat-5.0.28|
|~学内管理者|ISTC|

#contents
#contentsx

* 解説 [#efee70c6]
通称TomcatはApacheプロジェクトの開発しているJava Servlet Engineです。

http://tomcat.apache.org/

Java Servletの詳細はsunのサイトを参照してください。

http://java.sun.com/products/servlet/docs.html

* セットアップ [#n718f7db]
** ダウンロード [#bd9c27bf]
Apache Tomcatのサイトからzipファイルをダウンロードします。それを解凍してください。

http://tomcat.apache.org/download-55.cgi

** 解凍 [#m2083f3e]
ダウンロードしてきたzipファイルを適当な場所に解凍します。/usr/local辺が一般的でしょうか。
 % cd /usr/local/
 % unzip apache-tomcat-X.X.X.zip

解凍したディレクトリ以下がTomcatのワークディレクトリになります。
 /usr/local/apache-tomcat-X.X.X/

** 環境変数 [#b36d46fb]
環境変数'JAVA_HOME'だけ設定してください。自分のインストールしているJDKへのパスです。サンプルはこんな感じです。
 setenv JAVA_HOME /usr/local/java/jdk1.5.0

* セットアップ(会津大学環境下) [#f1c3b1cc]
** はじめに [#zbcf1d97]
このセットアップは会津大学の環境下のみで動作します。特異な設定方法なので、会津大学以外では参考にしないでください。((参考にしても良いけど、あまり役に立たないかと思います。))

Tomcatを丸ごとインストールすると、ホームディレクトリ容量を圧迫するのでNetBeansに含まれるTomcatを流用します。この辺のTomcatです。
 /usr/local/java/netbeans-4.0/nb4.0/jakarta-tomcat-5.0.28

また、後述のstartup.sh, shutdown.shのパスは上記Tomcatのものを使用するので、間違えないように。
 /usr/local/java/netbeans-4.0/nb4.0/jakarta-tomcat-5.0.28/bin/startup.sh
 /usr/local/java/netbeans-4.0/nb4.0/jakarta-tomcat-5.0.28/bin/shutdown.sh

** 注意事項 [#kc501e5f]
Tomcatは起動すると8080ポートを使用します。Tomcatを起動したままログアウトすると、8080ポートは使用されたままになり、他の人が利用できなくなります。(ISTC以外は)本人しかプロセスを止められないので、大変な迷惑です。

くれぐれも、Tomcatを起動した場合は終了することを忘れないようにしてください。.logoutにbin/shutdown.shを記述するくらいの心意気で利用することを勧めます。

** ワークディレクトリ作成 [#e706dc55]
ホームディレクトリ以下にTomcatのワークディレクトリを作成します。このディレクトリの中にTomcatの設定ファイル、ログ、コンテキストを追加置きます。ここでは、tomcat_homeとします。

 % mkdir ~/tomcat_home

ワークディレクトリの中にサーバを起動するために必要な設定ファイルを置きます。NetBeansのディレクトリから必要な設定ファイルをコピーします。
 % cp -R /usr/local/java/netbeans-4.0/nb4.0/jakarta-tomcat-5.0.28/conf ~/tomcat_home/
 % cp -R /usr/local/java/netbeans-4.0/nb4.0/jakarta-tomcat-5.0.28/logs ~/tomcat_home/
 % cp -R /usr/local/java/netbeans-4.0/nb4.0/jakarta-tomcat-5.0.28/webapps ~/tomcat_home/
 % cp -R /usr/local/java/netbeans-4.0/nb4.0/jakarta-tomcat-5.0.28/work ~/tomcat_home/

このディレクトリがTomcatのワークディレクトリになります。
 $HOME/tomcat_home

** 環境変数 [#afc761ed]
- JAVA_HOME
Tomcatはjavaを使うのでJavaのパスを環境変数'JAVA_HOME'に設定します。

 setenv JAVA_HOME /usr/local/java/jdk1.5.0

- CATALINA_BASE
環境変数'CATALINA_BASE'にワークディレクトリのパスを設定します。Tomcatはこの環境変数をサーバのワークディレクトリとして起動します。指定していないと、NetBeansのディレクトリを参照してしまいます。

 setenv CATALINA_BASE $HOME/tomcat_home

* 起動・終了 [#mcf1a6c3]
** Tomcatの起動 [#z8b92b38]
Tomcatの起動はstartup.shを実行します。
 % bin/startup.sh

** Tomcatの終了 [#xf288b8d]
Tomcatの終了はshutdown.shを実行します。
 % bin/shutdown.sh

** Tomcatの再起動 [#fc4f132d]
再起動用のshellスクリプトは存在しないので、shutdown.sh、startup.shを順に実行します。


ただし、Javaのプロセスの動作とshellスクリプトの同期が取られていないのか、shutdown.shを呼び出した直後に、startup.shを呼び出すと「ポートが利用中で起動できません」という例外が発生することがあります。その場合は、5秒程度待ってからstartup.shを呼び出してください。

 % bin/shutdown.sh
 (数秒待つ)
 % bin/startup.sh

** 動作確認 [#u11d9cf0]
startup.shを実行するとTomcatが起動します。ポート8080で起動しているので、好きなブラウザでTomcatのホームページを見てみましょう。

http://localhost:8080/

* Admin, Managerコンテキスト [#t62d54ec]
- http://localhost:8080/admin/
- http://localhost:8080/manager/html

にアクセスするとGUIでTomcatの設定を変更するためのページが開きます。(admin, managerコンテキストが入っている場合)

これらのページを利用するためには、ユーザーとパスワードを最初に設定する必要があります。

conf/tomcat-users.xmlがロール(役割)と、そのユーザー名とパスワードを設定するためのファイルになっています。~
ユーザー名''tom''、パスワード''cat''にするためには以下の様な設定になります。''username''と''password''の値は適当に変更してください。roleを削除したら正しく動作しないので、roleは削除してはいけません。
 <?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
 <tomcat-users>
     <role rolename="manager"/>
     <role rolename="admin"/>
     <user username="tom" password="cat" roles="manager,admin"/>
 </tomcat-users>

* コンテキスト [#i4a965d0]
Tomcatのservletアプリケーションはコンテキストという単位でインストールされます。WebDAV用コンテキスト, FTP用コンテキスト, CGI用コンテキストなどなど。

** インストール [#gfb92aac]
WebにはTomcat用コンテキストが色々公開されています。その多くは.warファイルで公開されているので、そのフォーマットのコンテキストの追加方法を紹介します。

1. .warファイルをサーバのワークディレクトリ以下のwebappsディレクトリに保存します。こんな感じです。
 webapps/honyarara.war

2. Tomcatを再起動します。

3. 以下のURLにアクセスします。

http://localhost:8080/honyarara/

以上です。.warファイルは設定ファイルからバイナリ、静的ファイルまで全てを含んでいるます。Tomcatは起動時にwebappsディレクトリ内の.warファイルを展開して、コンテキストを利用可能な状態にしてくれます。

** アンインストール [#i7143820]
展開されたコンテキストのディレクトリと、warファイルをwebappsディレクトリから削除します。変な所にファイルを作成するコンテキストでなければ、これで終了です。
 % rm -rf webapps/honyarara webapps/honyarara.war

** 便利そうなコンテキスト [#eed1efc1]

*** admin [#u08799b7]
Tomcatの設定をブラウザから変更するためのコンテキスト。admin, managerコンテキストが含まれている。

- ホームページ

http://tomcat.apache.org/

- ダウンロード

http://tomcat.apache.org/download-55.cgi

「Administration Web Application:」のリンク

*** Jakarta Slide [#d0b3f79d]
WebDAVコンテキスト。

- ホームページ

http://jakarta.apache.org/slide/index.html

- ダウンロード

http://jakarta.apache.org/site/downloads/downloads_slide.cgi


RIGHT:written by s1090142
#navi(UNIX/コマンド)
----
#vote2(役に立った,まあまあ,役に立たなかった,notimestamp)
役に立たなかった場合コメントをお願いします。
#areaedit
#comment(below)
#areaedit(end)
#navi(UNIX/学生ツール,,footer)

xrea