Diff of UNIX/コマンド/検索/type


TITLE:type - コマンドのフルパス名の表示
#navi(UNIX/コマンド)
#contentsx

コマンドを実行したときに、どのコマンドが実行されるのかを、エイリアス、ビルトイン、パスを元に調べて表示します。

csh, tcsh の組み込みコマンドの type と sh, bash の組み込みコマンドの type, また /usr/bin/type があります。
組み込みコマンドの type を使用しないと組み込みコマンドの検索ができないので、
/usr/bin/type を使用することはないと思います。

通常は sh, tcsh の場合は which、sh, bash の場合は type を使用します。

*csh, tcsh 組み込み [#v34229a8]

例えば
 % type tar
 tar is /usr/bin/tar
と表示されたならば /usr/bin/tar を使用しているということです。
別の tar を使用したい場合は環境変数 PATH でそのパスを前にもってきます。
.cshrc で設定してしまいましょう。
また、
 % type cd
 cd is a shell builtin
と表示されたならば、シェル組み込みコマンドであるということです。
例えば
 % alias ls 'ls -F'
と設定されていたとしても、
 % type ls
 ls is a tracked alias for /usr/ucb/ls
のように表示され、which とは違い、alias の値は表示されず、
ただエイリアスされていることと、元のコマンドのパス名が表示されます。
*sh, bash 組み込み [#z5820fbc]

例えば
 % type tar
 tar is /usr/bin/tar
と表示されたならば /usr/bin/tar を使用しているということです。
別の tar を使用したい場合は環境変数 PATH でそのパスを前にもってきます。
.cshrc で設定してしまいましょう。
また、
 % type cd
 cd is a shell builtin
と表示されたならば、シェル組み込みコマンドであるということです。
例えば
 % alias ls='ls -F'
と設定されていたとすると、
 % type ls
 ls is aliased to `ls -F'
のように表示され、which と同様に alias の値が表示されます。
 % type -a ls
のように -a オプションを使用すると csh, tcsh 組み込みコマンド where のようにそのコマンドがあるすべてのパスを表示してくれます。


#navi(UNIX/コマンド,,footer,footer)
#navi(UNIX/コマンド,,footer)
xrea