Preview of UNIX/コマンド/端末エミュレータ/screen

To confirm the changes, click the button at the bottom of the page


作者
ダウンロードhttp://www.gnu.org/software/screen/#TOCdownloading
関連サイトhttp://www.gnu.org/software/screen/
バージョン4.00.02
学内パス/usr/local/gnu/bin/screen
学内管理者ISTC
Table of Contents

概要 Edit

screen コマンドで、ひとつの端末で複数の仮想端末を使用することができます。 簡単切り替えができて、ひとつのターミナルで全てができるようになります。

% screen 

として仮想端末を生成します。

基本的な操作としては以下のようなものがあります。 ^ というのは Ctrl キーのことです。

^A-c画面(端末)の新規生成
^A-p前の画面に移動
^A-n次の画面に移動
^A-^A直前作業していた画面に戻る
^A-[0-9](^A-数字)数字の画面に移動
^A-w画面の一覧の表示
^A-k現在の画面の起動プロセスを終了

利点 Edit

コメントを読むとscreenの利点をまとめた方がよいと思いますので、以下に挙げます。

  • ひとつの端末で複数の仮想端末を使用することができる
  • 2ストロークで仮想端末の切り替え、増減ができる
  • 各々の仮想端末でバックスクロールができる
  • 仮想端末間でコピー、ヤンクができる。私はURLをコピー後w3mでヤンクといったことをよくします。
  • detach(切断)、resume(再接続)ができる。例えば時間のかかる処理を実行したまま切断ログアウトし、後日ログイン再接続して同環境で始められ処理は終わっている。
  • 複数の端末でひとつの仮想端末を操作できる。これはvncに似てます

設定ファイルはUNIX/設定、設定ファイル/.screenrcの項を参照。

screenの技詳細*1 Edit

コピー&ペースト Edit

^A-[コピーモード開始~ viと同じキーマップでカーソル移動、Enter2回で指定範囲をコピー
^A-]コピーしたテキストを張り付け

画面分割 Edit

^A-^s画面を横に分割する
^A-Q現在の画面を残して、画面分割を閉じる
^A-<TAB>分割した次の画面へ移動する

参照 Edit




URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

*1 予定
xrea